2010年01月25日

快眠シェラフ

アウトドアを楽しく過ごす。それはそのキャンプで快適に眠れるかどうかにかかっています。そのカギを握っているのはシュラフ、つまり寝袋であります。
シュラフには春、夏、秋のスリーシーズン用、冬用、そして真夏だけであるならば非常に安価なものもあります。
一般的にはスリーシーズン用を用意すればほとんど問題ないと思われます。
シュラフの中綿の材質は羽毛(ダウン)と化学繊維があります。羽毛は高価ではあるが、軽さ、保温性で化学繊維よりすぐれています。また山用品の専門店にいくと、シーズンに応じて羽毛の重量といっしょにどのくらいの気温に耐えられるかというような目安が書いてあります。そういうものを参考にすることも大切です。羽毛の量を増やせば保温性はより高まりますが、一方、羽毛は水が大敵であります。濡れてしまうとガクンと保温力が下がります。その点では化学繊維は水に強くかわきも早く、つまりメンテナンスが楽です。化学繊維のものはたたんだ時のコンパクト性や重量の点では羽毛よりも劣りますが、そんなにハードでない普通のアウトドアでは化学繊維のものでも十分ではないかと思われます。いづれにしてもシュラフは濡らさないようにすることがとても大切であります。
シュラフの形は大きく二つに分けられます。人形型(マミー型)と封筒型という2種類があります。人形型は人の形に合わせたものなのでそれなりに余分なところが少ないため、その分だけ軽いし、小さくパッキングできます。その意味ではザックに入れてのトレッキング等には好都合です。

封筒型は毛布を二つ折りにした形で通常は三方がチャックで開閉できるようになっています。上から下まで同じ大きさのため、ゆったりしていて、ねぞうの悪い人には人形型に比べれば、安眠できると思います。ただし、その分重量があることと、たたんだときにはびっくりするほどかさばります。オートキャンプでは全く問題ないが、ザックに収納するとなると大きすぎます。
シュラフは家に帰ってからほおっておいてはいけません。
羽毛のシュラフについてはすぐに陰干しして風を通します。また、化学繊維のシュラフについては日光に当てて、とにかく乾かすことであります。しまうときは、スペースさえ許せば、小さくたたまないで、ゆったりとふんわりとしまったほうが良いです。袋に入れるにしても、大きめの袋に収納します。また、羽毛のシュラフには防虫剤を忘れないようにします。このような手入れをすればシュラフは長持ちします。そしてそれは次のアウトドアがとても快適になることを約束してくれることでもあるのです。



同じカテゴリー(道具)の記事
 アウトドアの持ち物、装備について (2010-01-23 20:08)

上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。

削除
快眠シェラフ
    コメント(0)